一般・患者のみなさまへ

誰が作ってもいっしょ。
そんなことはありません。

歯科技工士という職業をご存知ですか?

陶材築盛

エムセラウェブサイトをご覧いただき、誠にありがとうございます。

私たち『Mセラミック工房』では、みなさんの歯を作るお仕事をしています。
私たちは”歯科技工士”と呼ばれる歯科業界のプロフェッショナルです。

歯科技工物製作の専門家として歯科技工所内で仕事をしているため、患者さまと直接お顔を会わせる機会は少ないのですが、みなさんが歯医者さんで治療を受け、被せものや詰め物、入れ歯、インプラントなどが必要となったとき、それら歯科技工物のほぼ全ては私たち”歯科技工士”が作っています。
もちろん全ての歯科技工物が世界に一つだけのオーダーメイドで作られているんですよ。

笑顔を作る仕事

歯科技工の分野は多岐にわたるため、歯科技工所によって『入れ歯が得意な歯科技工所』『矯正装置が得意な歯科技工所』など、専門分野がわかれています。
Mセラミック工房は、本物の歯にそっくりの歯科技工物を作る『セラミック技工』と、一度抜けてしまった歯を元の歯のように回復させる『インプラント技工』を得意とする歯科技工所です。

『セラミック技工』は単に見た目の良さを改善するだけではありません。
歯の機能を回復するとともに、人の心も健康にすることができます。

美しく自然に調和した口元で、思い切り笑顔になれるためです。

これは何ものにも代え難い価値と言えるでしょう。

セラミック技工という分野は非常に奥が深く、自然な美しさを持った歯科技工物を作るには長い修練が必要になります。
「歯の色は何色?」と聞かれると、ほとんどの人は「白色!」と答えるはずです。

表面的には白く見える歯でも、小さな歯の内部は非常に複雑で、多様な色と構造を持っています。
その色と構造を理解し再現するには、深い知識と長い経験を積む必要があります。
セラミック技工では名刺一枚分の厚みの誤差があるだけで、自然な美しさは損なわれてしまうのです。

そのためセラミック治療の満足度は、歯科技工士の技術に左右されるといっても過言ではありません。
しかし、残念ながら日本の歯科では、欧米諸国のように”患者さまご自身が歯科技工所を選択する”という習慣もなければ、製作を担当した歯科技工士を患者様に伝える義務などもありません。

セラミックの歯科治療に悩んだら、エムセラウェブサイトへ是非お問い合わせください。
当社と強いパートナーシップを結んでいる、信頼のできる歯科医院さまをご紹介致します。

私たちMセラミック工房が目指す先は、”多くの人から求められる歯科技工所”となることです。
心から満足できる歯科医療を達成するために、歯科技工所がもっと貢献できれば、さらに多くの人に笑顔の似合う人生を送っていただけると信じています。

医療の根源に向き合い”人と人との結びつき”をサポートし、一般患者の方々ともより深く関わりあうことで、最適な歯科医療を選択するお手伝いができるようになることが、歯科技工所『Mセラミック工房』の役目だと考えています。

よくある質問

メタルフリー修復とはずばり、金属をまったく使用しない歯科治療のことです。

虫歯などが原因で、自分の歯を削って治療した場合、削った箇所を何かしらの材料で修復しなければなりません。
これまで多くの場合、修復の材料には金属が用いられてきましたが、金属は加工のしやすさというメリットがある反面、金属アレルギーのリスクなど材質的なデメリットも指摘されていました。
特に保険治療で使われる金属でアレルギー反応が出やすいとの報告が多くあります。

構造の一部や全部に金属を使用した歯科技工物
構造の一部や全部に金属を使用した歯科技工物。
金属を一切使用しないセラミック技工物のジルコニア冠
金属を一切使用しないセラミック技工物のジルコニア冠。

近年では、ジルコニアなどのセラミックの仲間や、強化されたプラスチック素材の開発が進んでおり、金属に頼らないメタルフリーという修復方法が広く普及してきています。

ジルコニアは金属と同程度の強度を持つ。
焼き上がったばかりのジルコニア。セラミックの仲間だが、金属と同程度の強度を持つ。

Load More

Return Top