デジタル加工機

エムセラのCAD/CAMシステム

セレックinLabシステム
出典:デンツプライシロナ

エムセラでは『セレックinLab』を導入し、保険のCAD/CAM冠やジルコニアクラウン、チタンカスタムアバットメントなど、ほぼ全ての症例でデジタル加工を行なっております。

3DスキャナーinEos-X5

3Dスキャナー
出典:デンツプライシロナ

5軸連結式アームと広いスキャンエリアで高精度のスキャニングが可能。
スキャンデータはSTLファイルに書き出せるので他のシステムで再編集できます。

ミリングマシンMC-X5

ミリングマシンMC-X5
出典:デンツプライシロナ

5軸制御のパワフルかつ正確なミリングマシンで、技工物の種類に応じてウェットミリング(注水式加工)とドライミリング(乾式加工)の両方が行えます。

加工可能材料はジルコニア、ハイブリッドセラミックス、ガラスセラミックス、PMMA(ポリメチルメタクリレート、アクリル樹脂)、コバルトクロム合金など。
テンプレートディスクは98mm径で最大厚みが25mmまで対応しているため、流通しているほぼ全てのマテリアルの加工が可能です。

エムセラの3Dプリンター

3DプリンターForm2
出典:Formlabs

エムセラでは3Dプリンターも導入しております。
スキャナーデータをもとに作業模型の出力が可能なので、歯科医院様のデジタル化に向けてスムーズな移行をお手伝いできます。

3Dプリントで得られたパーツは非常に繊細で、取り扱いには細心の注意を要します。
エムセラではプリンター本体に加えて、プリンターメーカー純正の自動洗浄機と自動重合機も合わせて導入することで、デリケートな素材を最適な環境下で取り扱っております。

3DプリンターForm2

form2
3DプリンターForm2

工業会から歯科に転用された代表的な3Dプリンターです。
大量生産には不向きですが、出力される積層ピッチは25〜100μmの高品質な造形精度が特徴です。

複数のレジンはカートリッジの交換で行えます。
レジンは国内の歯科用で認可されているものでも透明色、グレー、ベージュなど複数あり、それぞれ物性も変わります。

自動IPA洗浄ツールForm Wash

Form Wash
Form Wash

IPA(イソプロパノール)を容器内で攪拌させながら、造形したパーツを洗浄する機械。
洗浄サイクルや時間をデジタルで管理しながら適切な洗浄が行えるため、造形物へのIPAによる悪影響を抑えることができます。

ポストキュアリングシステムForm Cure

Form Cure
Form Cure

3Dプリントで出力された造形物は、その後の適切な重合操作が重要です。
最大80℃までの細かい温度設定が可能で、庫内温度を微調整しながら均一な重合条件を自動で管理できます。

デジタル管理によって、使用するレジンごとに推奨される最適なポストキュアリングを行います。

Return Top