m-cera

(多分)日本最速のIDSレポート【二日目】

(多分)日本最速のIDSレポート【二日目】

IDS二日目の今日は、午前中はIDSには参加せずにケルン市内の歯科医院を見学に行きました。 昨日のレポートもまだ完成していないので、是非そちらもチェックしてください! (多分)日本最速のIDSレポート【一日目】 IDS2019のリアルタイムレポート 歯科医院見学とIDS初日の夜に参加した『イボクラnight』に付いては...

(多分)日本最速のIDSレポート【一日目】

(多分)日本最速のIDSレポート【一日目】

と言うわけでわたくしは今、ドイツのケルンに来ております! ケルンメッセで2年に1度開催される世界最大規模のデンタルショーといえば! そうです!IDS2019にやって参りました! IDSの視察ができるのは旅程の都合でわずか2日間ですが、その短い期間に精一杯駆け回りたいと思います! それでは早速ですが初日の様子をどうぞ! ...

【笑顔の向こうに】歯科技工士の映画を歯科技工士が解説するよ

【笑顔の向こうに】歯科技工士の映画を歯科技工士が解説するよ

  (歯科業界で)話題の映画を観てきました。 この『笑顔の向こうに』は、日本歯科医師会が提唱する8020運動(80歳までに20本の歯を残すというスローガン)の30周年記念事業として製作された映画です。 映画の主人公が歯科技工士ということで、告知が始まった時点から上映されるのを楽しみにしていました。 歯科技工士...

シェードテイクのイメージ

誰でも簡単にできる!シェードテイキングのちょっとしたコツ

セラミックなどの審美治療を行う際、誰もが歯牙色のチェック(シェードテイキング)を行っているかと思います。 これにより作るべき歯科技工物の色が決定されるのですが、まわりの歯の色との調和というのは患者様の評価(満足度)の対象としては、最も大きな要素のひとつと言えるでしょう。 特に重要になるのは『明度』と呼ばれる領域です。歯...

露出をイメージするグラス

【シェードテイキングの基礎の基礎】露出を決めるカメラの仕組み

撮影に不慣れな歯科関係者にとっては、シェードテイキングにおけるカメラの設定に苦慮する場面も多いだろう。 今回の記事では、口腔内写真の撮影方法第一弾として、写真が写る仕組みについて解説していきたい。 光があるから写真が撮れる 写真撮影に最も必要なものは光である。 カメラの設定とは、”光をカメラに取り込む量”をコントロール...

3Dマスター『1M1』とVITAクラシカル『B1』の比較

VITAPANクラシカルと3Dシェードマスターの比較【後編】

前回の記事では『VITAクラシカルシェードガイド』と『3Dマスターシェードガイド』を比較することによって、各シェードガイドの役割とその特徴を解説してきた。 その考察により、シェードガイド毎に色の特徴や、シェードテイキングの方法に違いがあるということはご理解頂けたはずである。 今回はそれを踏まえて、クリスタルアイによる色...

VITA-リニアシェードガイド

VITAPANクラシカルと3Dシェードマスターの比較【前編】

シェードテイクで使用する業界標準と呼べるシェードガイドと言えば『VITAPANクラシカル』と『3Dマスター』ではないだろうか。 特に『VITAPANクラシカル』における、「A3」や「B4」といった伝達方法は、臨床の現場でも広く用いられ、どのシェード番号がどのような色か、おおよそ把握されていることだろう。 今回の記事では...

歯科用金属アレルギーとメタルフリーレストレーション

歯科用金属アレルギーとメタルフリーレストレーション

Mセラミック工房では初代エンプレスの登場とともにメタルフリーレストレーションに重点的に取り組み、現在でもプレッサブルセラミック、ジルコニアセラミックなどのオールセラミック技工を中心に、金属を極力使用しない歯科技工物を届けられるよう歯科医院に提案している。 全ての患者がアレルギーの症状を発症するとは限らないものの、患者本...

歯科用分光測色計クリスタルアイの精度と開発秘話

歯科用分光測色計クリスタルアイの精度と開発秘話

今年の春頃、非常に残念なニュースが飛び込んできた。 エムセラでも長年使用している、オリンパス社製”歯科用分光測色計クリスタルアイ”の製造販売終了の知らせである。 販売終了予定のアナウンス後、数週間で売り切れたクリスタルアイにはどのような強みがあるのだろう。 歯科技工業界の中では写真にめっぽう強いと自負する筆者が、なぜク...

Return Top