2021/7

歯科技工士が教える『石膏の流し方』のコツ

歯科技工士が教える『石膏の流し方』のコツ

技工物の適合って大事ですよね? 技工物の適合精度を決定するといっても過言ではないのが『印象採得』から『石膏注入』までの工程です。 口腔内に適合する技工物が作れるかどうかは、8割がた模型作りの段階で決まります。 そのめちゃくちゃ重要な工程が技工士不在のチェアサイドでも行われているのですが、残念なことに正しい知識がないまま...

【フルジルコニア】シェードテイキングの落とし穴

【フルジルコニア】シェードテイキングの落とし穴

ジルコニアの進化が止まりません。 ジルコニアが日本の歯科市場に登場して以来、臨床でも実に多様な用途で使用されてきました。 2005年頃の第一世代のジルコニアは真っ白で透明感もなく、良い意味でも悪い意味でもまさに”白いメタル“といったものでした。 それが昨今では高い強度を維持したまま、当時では考えられないほどの透明感を有...

3shape Japanとリセラー

3shape Japanとリセラー

ラボスタッフ用備忘録です。 情報について正確性が低い可能性がありますので鵜呑みにしないでくださいw 3shape Japanに電話して『3shapeコミュニケート』について質問しました。 価格とかも含めて書かれている内容は全てフィクションです。ウソはウソであると見抜ける人だけお読みください。 3shapeコミュニケート...

ラボ用CAD/CAMセレックinLabを用いたデジタル歯科技工の精度

ラボ用CAD/CAMセレックinLabを用いたデジタル歯科技工の精度

前回の記事で製作した『適合試験模型』を使ってスキャン精度をチェックしていきましょう。 適合実験模型をラボ用のスキャナーでスキャンし、実際の臨床と同様にデザインから削り出しまで行います。 削り出し直後の状態(ジルコニアはシンタリング直後の状態)で無調整のまま実験模型に戻し、マージンへのフィットと隣接コンタクトへの強弱具合...

Return Top